秘密儀軌ツアー 四ー22-e

 楽天からのつづき  ブラザーフッド組の代表大神がいい格好をするだけで実績が上がらず、その正体が伏魔殿の使者でしかないとわかって追放処分にされたあと、その代わりを努めることができるメンバーを探さなくてはならなくなった。三分の一の正統派はやりたがってはいたが、自分たちの中には実力者がいないということだったし、地球人類の中に誰か隠れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四ー21ーd

 楽天からのつづき  昨年の十一月二十八日からとまっているこのツアー、続きを書かせてもらうことになるのであるが、それはまるでアメリカ合衆国の新大統領の就任を待っていたかのような動き出し方であった。  新年に入ってからの地球人類の仕組みの動きは、物領賢者コース(神隠し、科学者、神賢者)の最後の神賢者の動きがとてつもなく激しく、旧体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー   四ー20ーa

 七月四日にマレーネ・デートリッヒが大神になって帰ってきた。元宇宙での五回の代表権を行使し終えて、次の大枠への課題をこなすために。実力のあるメンバーは皆この形を取るようであるが、先行しているヒットラー大神の場合は、現場復帰をしてからもうだいぶ時が過ぎている。  彼は自分がジークフリート系だったことに大満足しており、難敵のエックハルトの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー19ーc

 グーからのつづき  仕組みとは何の関係もないような女の話をなぜしたのかというと、ナポレオンのそばにジョセフィーヌがいて、こちらとの話の間に入ってきたからである。ナポレオンは別れたあとも彼女との関係を続けていて、結局は一番仲が良かったことになっているのだという。  それを証明するかのようにナポレオンはエリゼ宮で彼女と暮らしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー18-g

 グーからのつづき  ツール・ド・フランスのメンバーだった先祖ウイルスが、イエス大神がらみでからんでいた頃、ナポレオンウイルスもこちらに働きかけてきていた。夏目漱石からの呼びかけで始まったこのツアー、文学者とか芸術家だけではなくアスリートにも及ぼしたらどうなるのだろうか、などと考えていた頃のことである。  ナポレオンとは以前に接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー17-g

 はてなブログからのつづき  死んで異次元に移行した女性は、美人であるためもてはやされてあちこちの世界を巡り歩いていたが、ティタン神族のペルセポネであることを告げられてはいなかったようである。仕組みがここまで進んできて、佐田グループの仕組み宇宙十組の一つであることが判明した、今の段階になってやっとその事実を知らされ、そのグルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー  四ー16ーd

 ニフティ・ココログからのつづき  戦中戦後の女性がどれほど大変な目に合わされていたかということは、当事者でないとなかなかわからない。ツアーを続けるにあたって、そこらあたりをどうつないでいけばいいのだろうと思案していたとき、銃後の妻たちがどれほどひどい目に合わされていたか、そのことも書いてほしいと言ってこちらに働きかけてきた女性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー15ーg

 はてなブログからのつづき  仕組みの中心基地である日本に、人間として生まれ変わって現れた北一輝と天河弁才天、宇宙の行政府の顔である日本の天皇家、その筋に繋がる形で配置されているお二方には、マレーネ・デートリッヒではないけれど、時間が来たようなので、そろそろ本領を発揮していただいて、潰れ潰された過去の清算をしてもらわなくてはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー14ーc

 グーグルブロガーからのつづき  ムッソリーニには三名の重要な女性がかかわっていた。最初に結婚した相手はセット系の母神、二度目の奥方はスセリヒメ系、そして最後にかかわって共に死んだ愛人はキクリヒメ系ということのようであった。日本、ドイツ、イタリアのファシズム三国同盟の独裁者三名には、直接間接的にそれぞれ面白い女性のからみがある。ム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー13ーc

 楽天からのつづき  太陽系のアマテラスの原型は、盟主コトシロヌシセットよりはるか始原にさかのぼるところにあるが、盟主コトシロヌシとワカヒルメの夫婦神は、近親相姦の誤りを正すことに成功した復路の先導役なのである。何事も往路での誤りは復路で正されていくことになるのであるが、簡単に正常化できるわけではない。宇宙を生み出し作り上げた無源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四-12-d

  はてなブログからのつづき  マレーネ・デートリッヒが動き出したのは、アガサ・クリスティ大神がツングース神行に取り組んだことが、直接の原因になっているように思われてきた。アガサ神行は五月十五日から始まって現在五か所まで進んでいるが、日本のお寺で調整されている。そのツングースの仕組み神行が、何かを動かすことになると予想して待ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー11ーg

 楽天ブログからのつづき  世間のゴールデンウイークに合わせるように、今回のツアーも最終段階がトントンと進んだ。とは言っても内容のほうはかなり難儀なものになっている。ヨハネ・パウロ二世を中心に書こうと思っていた今回のツアーは、その背景にあるもっと大きなものがうごめき出したため、予定とはまったく違うものになってしまった。そして次のツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー  四ー10ーd

 はてなブログからのつづき  レーガン元米国大統領とは何者なのか? 彼の愛妻であったナンシー夫人はピューリタン系であると異次元情報は告げるが、それが本当であるかどうか佐田は知らない。異次元の親族がそう告げるので、それを踏襲しておくことにするが、だからといって夫のレーガン氏までがそうだったというわけではないようである。というのは異次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー9ーg

  楽天ブログからのつづき  ヒットラーとムッソリーニの間に挟まれて、アンネ・フランクさんは日本の昭和天皇の動向を見守っておられる。ムッソリーニ総統は待ちくたびれて自力で昇り出し、独立宇宙から体系宇宙を越えて小枠レベルにまで突入することに成功されたが、キリスト組の神行がらみとなっていて、降りたり上がったりを繰り返しておられるらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー8ーg

 gooのブログからのつづき  秘密儀軌ツアー八巡目の最後を残したままひと月半ほどが過ぎてしまった。書けなくなったのは、昭和天皇組(現在参加者十六名‥‥香淳皇后を除く)が潰れてしまっていたからで、それがムッソリーニ元総統組(現在参加者五十名)にも影響していたからであった。元総統は前回の情報公開のあと、最上界から独立宇宙まで昇ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四―7ーc

 グーグルのブロガーからのつづき  父神の隠された仕組みがアトランティスにあったとしたら、キリストの身体はアトランティスのどこかにあるのではないか、そんなことをミミたちと話していると、カナダのトロントの北の山の麓にそれらしい場所がある、そんな情報が出されてきた。地元の人間によると、そこは危険な場所で近寄れないが、そこにキリストの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー  四ー6ーe

 はてなブログからの続き  マレーネ・デートリッヒとマリア・カラスの話をミミ・ファリーニャが聞いていた。彼女はその頃しょっちゅうこちらに繋がろうとしていたので、そうしたことにも興味があったのだろう。事のついでに彼女にもマリア・カラスのことをきいてみると、マレーネよりももっと慌ててしまって、自分はそれほどの歌手ではないからと隠れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 四ー5ーe

 黒服の喪服問題はそれとして、黒いファッションは使い方によっては素晴らしいものであるが、喪服以外の学生服のようなサラリーマンの制服としてはやはりいただけない。今時の本来の喪服組はどうしているのだろうか? サラリーマンの中には喪服と思われるものを着ている者もいるように思われるが、着ることの少ない喪服を引っ張り出して着たりしているのだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 4ー4

 グーグルブロガーからの続きです。  クエーカー教とテンプル騎士団の問題、フォーク歌手のジョーン・バエズの妹ミミ・ファリーニャのおかげで興味深い秘密を覗き見ることができた。佐田が取り上げると宇宙中の注目の的となってしまうため、それを嫌がる方々も多いのであるが、ミミさんは歌手であったこともあってか、有名になることをかえって喜んでおら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秘密儀軌ツアー 4ー3

 今年も押し詰まってきました。最近は年末年始に人間界の仕事はしなくなっていますが、(異次元レベルの仕組みの仕事は逆に大晦日に向かって激増する。) 今年は妙なツアーを始めてしまい、年末まで残してしまったために、合間をぬってお付き合いをすることにしました。しつこくて熱心な生徒のためなのですが、世間ぱずれなのでいよいよ世の中からはうとんじられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more