縄文はじめ宇宙のメンバー探し 26

 niftyココログからのつづき

 縄文組のはじめ代表である武田信玄公は、仕組みのために働くこともなく、戦争ごっこなどして遊んでいた責任を問われて、かなり厳しいお仕置きを受け続けておられた。それが一段落ついて仕組み神行の第一段階が終わった頃から、六台の中心宇宙の位置に上がって行かれた。ところがそこはまともな場所ではなく、旧体制側の管理システムの機械の中でしかなかった。そこに封じ込められて動けない状態だったのであるが、一般の日本人で三分の二の仕組みメンバーが構成できるということがわかったところで、事態が変化した。
 宇宙公園は中心宇宙の星へと昇格して、メンバーが集結したとのことであるが、信玄公はまだ完全ではなく、出たり入ったりといった状態なのだという。そしてセット女の女性の名前がわかってきた。彼女は甲府の商家の出で、「ひかり」という名なのだという。この女性は信玄公の近くに常におられたとのことであるが、特別の関係はなかったのだという。

                 続きはgooブログで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント