ナポレオンの49日行 十五巡目の六

 楽天ブログからのつづき

 四十九日はまだ終わってはいないのではないかと確認をとると、現地では三分の二で終わったということで強制的に帰されたのだという。そのことはのちほど触れることとして、帰ってきたナポレオンは崩れていた。昔の自分と対面させられて、世界支配の野心野望がよみがえっていたらしかった。当然ミタマは腐りかけで、岡田以蔵代表がそのことを言ってきたが、自分はどうなのかと問いかけてみると、自分も腐っていると答えたので、その件はその時はそれで終わりとなった。そして酒盛りとなったのだった。
 明くる日改めて確認をとってみると、ナポレオンはやはりレベルが落ちている。何が起こったのかよくわからないので、とにかくやり直しの調整をしてもらうことになった。それまでの四日間、全姿を現わしていた富士山が急に雲に包まれてしまったからでもあった。普通の天候変化のように思われるかもしれないが、ナポレオンの場合は常に自然がらみになっているので、そこらあたりが異常に気になるのである。
 そしてさっそく白糸の滝での禊行となったのであった。アメリアはエトナ山の麓に買ってある小さな家に二人で行きたがって騒いでいたが、それどころではなかったのである。

                    続きはグーグルブロガーで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック