アーサー王の生まれ変わり7

七回目

 グーグルのブロガーからのつづき

 イギリスが今EU離脱の問題でおかしくなっているけれども、その背景にはそうした問題と同時に、フリーメーソンが背後操作する米国のトランプ大統領との間に、魔的な繋がりがあるからである。マイトレーヤーは神賢者の成れの果て、フリーメーソンは言わずと知れたユダヤ系の科学者集団で、彼らの背後には旧体制伏魔殿の仕組み潰しの設定が仕掛けてあるのである。
 旧体制の科学が発達することは、仕組みにとって致命的な流れに巻き込まれてしまうことになるわけで、避けなければいけないことなのである。しかしその激しい外部操作を遮ることは容易なことではない。下手をすると仕組み潰しの終末戦争にまで行ってしまいかねない。
 もっともおぞましい機械やロボットにされてこき使われるよりは、まともな人類でいるうちに滅亡してしまったほうがいい、そういう考え方もあるのかもしれない。仕組み的には既に太陽系は崩壊していたわけだし、温存されたのは旧体制伏魔殿側の都合でしかないはずだからである。

                                  今回はここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック