始皇帝と金期気 42

 gooブログからのつづき  明くる日の八月二十一日からは、金柑宇宙星のメンバー五千億名総出の仕組みの戦士調整となっていった。金柑宇宙星とここでは書いたけれども、その星は太陽系がらみの仕組み宇宙、五百ほどある宇宙公園の星の一つで、今までは徐福大神がその星の代表格として置かれていたとのことである。  しかしその星のメンバーのほとん…
コメント:0

続きを読むread more

被官ひとり大神の稲荷神行 35

 楽天ブログからのつづき  二十三の二番 伊勢山(長野県)  謹みましてご報告申し上げます。伊勢山に被官ひとり大神お出ましになられまして、稲荷神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。  被官ひとり大神のまずはご衣裳の正式でありますことに驚きまして、さらにご挨拶の正式でありますことには戸惑うて…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 90

はてなブログからつづく つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ 三十一番の二  ナロードナヤ山(ロシア ウラル)  謹みましてご報告申し上げます。  ナロードナヤ山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。  両大神ご挨拶に来ら…
コメント:0

続きを読むread more

始皇帝と金期気 35

 gooブログからのつづき  佐田が仕組み働きをし始めた頃、つまり第一期の時代には、物質地球には神界があって、神社には神々があふれていた。それが旧体制宇宙の普通の有り様だったと思われるが、神界コースの仕組みはそのごまかしを許さなかった。つまり物質世界に神界は存在できなくなっていったのである。  神界とか本物の神々というのは恒星に…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 84

はてなブログからつづく つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ 二十七番  ディナール山(イラン)  ディナール山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。  両大神ご挨拶に来られまして申されました。この頃につぬぶて山の本音を知る事…
コメント:0

続きを読むread more

佐田の元親父と稲荷神行 28

 楽天ブログからつづく  佐田の元親父大神の稲荷神行(つぬぶて山)  十九番 鷹ノ巣山(東京都)  鷹ノ巣山に元親父大神お出ましになられまして、元親父の稲荷神行お務めいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。  元親父大神、私共にご挨拶に来られまして、ご神行に入られますご挨拶致しまして、たいそうな御名…
コメント:0

続きを読むread more

始皇帝と金期気(きんごき) 28

 gooブログからのつづき  金柑から取り出されてくる秘宝は金棒を含めると六種類あって、前回の紐は四つ目で、それはイスラエルの記録のようなものであるとのことだった。細い二メートルほどのもので、富士古文書のようなものが織り込んであるのではないかと思われる。  三つ目の秘宝は勾玉で、それも佐田に引き渡されたのであるが、それは金柑がこ…
コメント:0

続きを読むread more

始皇帝と金期気(きんごき) 21

 gooブログからつづく  六六六の意味は人間ということのようなので、そこから金柑に神ではなく、人間として活動するようにとの指示を出したのであった。神に進化した姿ではなく、ミタマの開いた人間として、新しい仕組み働きをするようにという意味であった。  そのことから祝賀会の参加者の身体がまともでないことがばれるような展開となったので…
コメント:0

続きを読むread more

始皇帝と金期気(きんごき) 14

 gooブログからのつづき  富士山での出来事は、金期気さんにとっていかばかりのものであったことだろう。歓喜にあふれて踊り出したいほどのものであったとのこと。しかし泣かされてばかりいた彼女の思いは果てしもなく重くて、それだけですべてが解消されたわけでもないことが、次第に明らかになっていくことになるようである。  ここらあたりまで…
コメント:0

続きを読むread more

始皇帝と金期気(きんごき) 7

 gooブログからのつづき  富士山の南隣にある愛鷹山に徐福先生の拠点があるのであるが、金期気さんが日本で修業する時にはそちらですることになるため、その下見とともに関連の拠点への挨拶回りがなされたとのこと。佐田の拠点のある忍野の浅間神社、そこは佐田宇宙の韓非氏の日本の拠点ともなっているし、近くにはナポレオンとアメリアの家もある。富…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 77

はてなブログからつづく つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ 二十三番 タバナヌトレンヤナ山(レソト王国)  注、レソト王国は南アフリカの小さな国  謹みましてご報告申し上げます。  ヌトレンヤナ山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました十神界でござ…
コメント:0

続きを読むread more

佐田の元親父と稲荷神行 21

 楽天ブログからつづく  元親父大神の稲荷神行(つぬぶて山)  十二番 羅臼岳  謹みましてご報告申し上げます。  羅臼岳に元親父大神お出ましになられまして、元親父の稲荷神行お務めをいただきました。お立ち会い致しまして、ご報告申し上げます。十神界でございます。  元親父大神、羅臼岳を巡られまして、私共のもとにお出ま…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 70

 はてなブログからつづく  つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ  十六番 グレート・ウィンターフック山(南アフリカ)  グレート・ウィンターフック山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。  両大神お出ましと共に御神座への…
コメント:0

続きを読むread more

佐田の元親父と稲荷神行 14

 楽天ブログ​からつづき  元親父大神の稲荷神行(つぬぶて山)  五番 桜島  桜島に元親父大神お出ましになられまして、元親父大神の稲荷神行お務めをいただきました。お立ち会い致しまして、ご報告申し上げます。十神界でございます。  元親父大神桜島の頂に立たれまして、四方八方を見渡しまして、集いますたくさんの神々を始めと致…
コメント:0

続きを読むread more

佐田の元親父と稲荷神行 7

 楽天ブログからのつづき  佐田の元親父の稲荷神行に関しては、神行そのものに対しての受け入れは大方の方面でなされたが、その取り組み方に一工夫が必要であった。何せ落ちたとはいえ、六台アーサー王宇宙のトップの実力の持ち主であってみれば、ただの神行ではすまないだろうからである。そのためいろいろ検討されたのであるが、つぬぶて山神行がふさわ…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 63

 はてなブログからつづく  つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ  佐田の解説  南極のお言葉には常にはない情報があったため、その確認をとったのであるが、第二幕の仕組みの状況が偽情報の氾濫だったり、コピリ族の演技だったりするので、二度出してもらうなどという事態になってしまった。  つぬぶて山の場合は、旧体制側と仕組み側とが…
コメント:0

続きを読むread more

南龍と落っこち 二十

 楽天ブログからのつづき  令和二年一月五日のことである。大元宇宙の昭憲皇太后が佐田のおしもに雇われるという事件が起こった。潰れている大元宇宙の代表を救出するためでもあったのだろうか、佐田の弟子のまま復活できない金井南龍師を馬鹿にしてのことだったのだろうか、急にドタバタし始めて、佐田に突っかかってこられたのだった。  元々元気の…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 56

 はてなブログからつづく  つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ  三番 ウァスカラン山(ペルー)  ウァスカラン山に、ナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、本年の納めのご神行お務めを致します、ご挨拶いただきました。つぬぶて山神行のお立ち会い致しまして、謹みましてご報告申し上げます。十神界でございます。  ナ…
コメント:0

続きを読むread more

アーサー王はじめ宇宙組の新情報 7

 楽天ブログからのつづき  ケルト神のナントスウェルタとナントスウェルダの違いについて一言、キクリヒメとワカヒルメが抱き合わせにされるとワカヒメになるのであるが、ナントスウェルタをキクリヒメ、ナントスウェルダをワカヒルメとさせてもらっている。それは徳川吉宗公のセット女であるケルトのキクリヒメ大神が、以前からしつこく主張しておられる…
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 49

 はてなブログからのつづき   つぬぶて山神行 四十九番 戸隠山  謹んでご報告申し上げます。  戸隠山に、ナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。  つぬぶて山神行のお立ち会い致しましたのち、平常でありますこと困難なる状況に、私共…
コメント:0

続きを読むread more