秘密儀軌ツアー

アクセスカウンタ

zoom RSS 秘密儀軌ツアー 四ー17−g

<<   作成日時 : 2016/04/22 08:24   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 ヤフーからのつづき

 死んで異次元に移行した女性は、美人であるためもてはやされてあちこちの世界を巡り歩いていたが、ティタン神族のペルセポネであることを告げられてはいなかったようである。仕組みがここまで進んできて、佐田グループの仕組み宇宙十組の一つであることが判明した、今の段階になってやっとその事実を知らされ、そのグループに復帰したのだそうであるが、元々ペルセポネという美しい神は身持ちの良い女性ではないのだそうである。ダッチドール系のキクリヒメであれば当然のことでもあろうか。
 そのことはともかく、このツアーの本来の目的はそのことにあるのではなく、次元差のほうにあるのであって、会員がらみの情報は、そこらあたりの様相を比較検討するために出したものである。ティタン神族からオリンポス神族への移行は、ムーからアトランティスへの移行であり、ギリシャからローマへの移行はアトランティスから物質世界への移行を意味していると考えられる。 
 ということになると、古代ギリシャの国や人々は、今の物質世界とは違う世界に生きていたということになってくる。まだそこは十分な物質世界ではない、精霊界だったのではあるまいか? ただし、同じ精霊界でもさらに物質世界に近づいた領域であって、もはや神と人間は離れ始めている。神人間との共生はなくなり、物質化し続けていく人間世界で生きていたのが、古代ギリシャ人だったのではあるまいか?
 ツキジデスやオデッセイとは違う世界にソクラテスやプラトンは生きていた。また、ソクラテスの妻のクサンチッペ、悪妻と今でもののしって喧嘩をするプラトンたちは、今の我々の世界とは違った世界で生きていたのではあるまいか?

                         今回のツアーはここまで。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秘密儀軌ツアー 四ー17−g 秘密儀軌ツアー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる